千葉県富津市の歯科医院 歯医者 水町歯科医院 床矯正 咬合誘導

水町歯科医院へのお問い合わせは、0439-87-3366
HOME 》》 床矯正を用いた咬合誘導

床矯正を用いた咬合誘導

咬合誘導とは?

天然の鮎と養殖の鮎の違い

鈴木設也著 臨床医のための
床矯正・矯正治療より

左の写真は、天然の鮎と養殖の鮎の違いです。

「天然の鮎は岩についたコケを食べます。養殖の鮎は与えられたエサを食べます。
当然、自らエサを探してコケを食べている鮎と与えられたエサを食べる鮎では、口元の形、大きさが変わります。河の流れで体型も変わります。」

(床矯正研究会配布プリントより引用)

昔、歯並びは遺伝によるものと考えられてきました。鮎ではありませんが、現在では生活習慣が大きく関与していると言われています。

【床矯正研究会】のホームペ−ジを見る ↓

正しい生活習慣の重要性

下の写真はケニア(ケニア共和国)の子供達のお口を比べたものです。
左がロドア(地方都市-原始的な生活)で、右がナイロビ(首都-都会的な生活)の子供です。

生活様式も、
ロドアでは、食事3回 間食なし「55.2%」スナック菓子「3.8%」であるのに対して、
ナイロビでは、食事3回 間食なし「30.6%」スナック菓子が「31.2%」と大きな差があります。

ケニア歯並び

文明は進んだ方が便利な生活を送れますが、一方、歯並びや虫歯といった歯科疾患では逆の現象がみられます。
日本人で原始的な生活は無理ですが、当院にいらっしゃっている患者さんの中でもご兄妹でいい歯並びの方がいらっしゃいます。下の写真をご覧下さい。

兄妹の口腔内

このご兄妹は一度も矯正治療を行っていません。小さい時からの生活習慣がいかに大事かと感じます。

健康な口を育てるために家庭で心がけて欲しいこと
  • 週に1回は、家族揃って食事をしよう。
  • テレビを消して、食事と会話を楽しもう。
  • 料理のこと、今日楽しかったことを話題にしよう。
  • 食事は頬張らず、ゆっくりよく咬んで食べよう。
  • 1番遅い人のペースに合わせて食べよう。
  • 「サッサと食べなさい」は禁句にしよう。
  • 水、お茶、ジュース、清涼飲料は食後に飲もう。

伊藤学而(鹿児島大学名誉教授)

上の項目は、鹿児島大学矯正学教授、日本矯正学会会長等を歴任した伊藤学而先生のアドバイスです。歯をどうしようということではなく、どう食事をとるかが大事ということです。
矯正カンファレンスでも先生からは家族構成や生活習慣を尋ねられます。
伊藤先生のお人柄と、教科書からは得られない永年の経験に基づく理論と頭の柔らかさに惹かれファンになりました。

舌の位置も歯並びに関係します。授乳の仕方で舌の位置が変わる?

下顎模型写真

写真左(37歳私)・大人、右(12歳)・ある患者さんの下顎模型です。
左の模型は右よりアーチは小さくでこぼこです。歯は頬と舌の力でも並ぶ位置が決まります。左は低位舌のため頬の力が強く働き、内側(舌側)に傾斜しています。

なぜ、低位舌になったか?

未熟児(1880g)で出生しました。そのため100%人工乳で育ちました。
母乳では赤ちゃんは舌と唇と歯のない顎を使って授乳します。哺乳瓶の乳首は唇だけで吸えるため、舌の使い方を知らないまま大きくなりました。

私自身練習中です。

(一応口周りの専門家ですが)自分自身が低位舌とは気が付きませんでした。
平成20年1月から舌のトレーニングをしていますが、なかなか大変です。小さいうちに正しく使えるようにした方がいいと思います。

頭蓋骨の成長 − 呼吸、嚥下(えんげ)、咀嚼(そしゃく) −
子供と大人の頭蓋骨

左が5歳、右が成人の頭蓋骨です。
骨の形を見て頂くとお分かりの通り、子供と大人では大きく形が異なります。
皆さんご存じの通り、顔は赤ちゃんや子供の頃は眼がくりっとして可愛い感じですが、だんだん面長になっていきます。

なぜそのようになるのでしょうか?

成長のピークの違い

各組織の成長速度の違いを表したグラフと子供と大人の頭蓋骨を横からみた図です。

発育曲線と頭蓋骨の成長

脳頭蓋は生まれてから2歳頃までが成長のピークで、7歳には成人の90%の容積に達します。上顎骨は神経組織に類似し3歳ー10歳がピークで、その後下顎骨は一般組織(背が伸びるのと)と同じ時期で、男性は中学から高校にかけて、女性は小学校高学年から中学にかけて成長のピークを迎えます。
上顎の成長に関与するのは鼻呼吸や歯の萌出で、下顎は咬むこと(咬筋主導型)と歯の萌出が関係します。

小さいうちからの咬合誘導が大切です。
咬合誘導 症例

顎骨の成長は待ってくれません。早期に治療を始めることで、上の患者さんのように「成長と床矯正の力」「舌や頬筋をはじめとする頭頚部領域の筋肉の力」でもお顔を変えることができます。

できるだけ早く治すためには?

床矯正は、早期に始めれば患者さんにはいろいろな面で負担の少ない良い方法でありますが、治りの早い患者さんと、治りの遅い患者さんがいます。
治りの早い患者さんの特徴として、以下のような共通点があるように感じます。

  • 1ヶ月毎の通院が遠方であってもほぼできる。
  • 家族全体で治そうと気合がある。(特にお父さんが熱心な方)。
  • 装置だけに頼らず、舌の練習等にも熱心に取り組む。

そうすると親子関係はどうあるべきかという問題も浮き上がってきそうです。

お父さんというと(私もですが)たいていは仕事以外は妻に任せたいものだと思います。しかし、ある程度、父親も子育てに参加する必要があり、参加するほうがいいと感じるようになりました。

床矯正 症例写真

床矯正による咬合誘導 症例1
床矯正 治療前

平成19.5.12 治療開始

床矯正 治療後

平成19.5.12 治療開始

床矯正 治療前

平成20.12.29 現在治療中

床矯正 治療後

平成20.12.29 現在治療中

床矯正による咬合誘導 症例2
床矯正 治療前

平成19.4.16 治療開始

床矯正 治療後

平成19.4.16 治療開始

床矯正 治療前

平成21.1.19 現在治療中

床矯正 治療後

平成21.1.19 現在治療中

親の役割は子供が大人として自立できるよう育てることと考えます。私自身親として毎日試行錯誤しながら、子育て中です。(ほとんど妻任せですが・・・)
子供から、保育園から、また、患者さんからも教わることがいろいろあります。
歯医者ですが、虫歯治療だけでなく結構重要な役割があると感じています。

床矯正による咬合誘導 症例3
初診時
床矯正終了時
ブラケット装着時

床矯正に時間がかかりましたが、概ねご本人の満足のいく歯並びになりました。

床矯正による咬合誘導 症例4
床矯正終了時
ブラケット装着時

この症例は実は私の愛娘(2010年現在 小学校2年生)のものです。
わが子は乳歯の時は全く隙間のない歯列でした。しかし、永久歯の方が大きいので、叢生(八重歯・乱ぐい歯)になる確率が高いのです。
ぎりぎりまで様子をみましたが、下は並ばないと判断し、22年10月下旬より下の床矯正を始めることにしました。今後の歯並びの写真をアップしていきたいと思います。

床矯正は夜間に装着するだけなので、患者さんに負担が少ないのが大きなメリットです。
しかし、装着時間が短い場合や拡大するようネジを回せない場合にはデメリットとなってしまい、治療期間が長くなってしまいます。
今のお子さん達は高学年になればなるほど塾や部活等ご事情があって、なかなか装着できない方、通院できない方が多いようです。(もちろんそれでも頑張る方も多いです。)
状況によっては、他の方法や専門医への受診をお勧めすることにしています。

院長お勧めの本

満1歳で離乳が終わる”らくらく育児”

歯は筋肉の力(頬と舌の力のちょうどよいところ)で並びます。
そして実は、歯のない授乳中から噛む練習をしています。

お乳を吸うといいますが、経験のあるお母さんであればおわかりと思いますが、乳房で飲む時、赤ちゃんは上唇と下唇や頬を使って噛んで乳首というかその周囲をくわえこんでまさに搾乳しています。
ちなみにですが、牛でも同じように(近くにマザー牧場があり体験できますよ。)乳首を引っ張るだけではお乳はでてきませんよね。
そして、いずれ離乳となりますが、著者の金先生曰く、1歳2ヶ月位が一番噛む能力を高める時期なんだだそうです。

1歳半検診を行っていますが、その頃は乳歯が20本生えていません。少ない子は4本程度です。でもこの時期に正しく噛めるような筋肉の使い方を覚えなければ、後々矯正治療をすることになる確率が高くなります。(ということは、治療費もかかります。)

伊藤学而先生から先生の経験談も含め色々なお話お聞きしてましたから、私の第3子は離乳期すぐの全く歯のない時期に様々な訓練をさせていました。
例えば、イチゴを口に含ませたところ(何かあったらすぐに取り出せるようへたを持っていたのですが)すうーっと吸い込まれ、もごもごしながら飲み込むことができました。さらに1歳の時に、フランスパンやかたいおせんべいも唾液の力も借りながら食べることができました。
今2才になるところですが、恐らく兄弟のなかで一番歯並びはよくなると思います。

現在はフォローアップミルクやベビーフードなど、それらしいもっともそうな食品も出ていますが、結局は歯並び的には赤ちゃんの時と同じ舌の使い方のまま成長することになります。
そのあたりを詳しく知りたい方は、是非一度この本をご覧下さい。

ページのTOPへ